アタラックスの効能と効果

rtsh
アタラックスというお薬があるのをご存知でしょうか。
非常にこれは歴史の古い薬で、一般名はヒドロキシジン塩酸塩という風に呼ばれているお薬なんですね。
1958年から日本でも販売されているお薬なのですがどんな薬なのかということを紹介していきましょう。

アタラックスの効果

アタラックスは、薬の分類で言うと抗ヒスタミンという風に呼ばれるお薬です。
抗ヒスタミン薬というのは体内のヒスタミン作用の受容体結合を阻害したりするような物なのですが、主に使われるのはアレルギー反応の抑制、鎮静や催眠などの効果があるとされているんですね。
アレルギー疾患の治療に使われる場合なのですがこれは主に一般的に使われる、というケースを例に挙げるならば花粉症の対策などですね。
花粉症もアレルギー疾患の一つなので、アタラックスの抗ヒスタミン作用が効果があるんですね。
そして、もう一つの要素である鎮静や催眠作用というのはいわば不安症や不眠症といったような精神疾患の症状の改善にも使われる物なんですね。
アタラックスは、一つの医薬品で複数の症状に対して改善効果が有るというものなのですが、古い歴史のある薬なだけあって副作用も多く、使用する際には注意も必要になっているのです。
アタラックスは、アレルギー疾患にしろ鎮静、催眠効果にしろそれらの症状を持っているものに広く処方されるお薬となっています。
しかし、アタラックスというお薬は具体的にどんな症状や疾患の患者に用いる物なのか、という事に関してを紹介していきましょう。

アタラックスの効能について

yjtjd
アタラックスは、先程もいったとおりアレルギー疾患の改善や鎮静、催眠という効果があります。
具体的にその効能は蕁麻疹や皮膚疾患などに伴っているような痒み、湿疹、皮膚炎や皮膚皮膚そう痒症と言ったようなアレルギー疾患による症状の改善に効果がありますね。
そして、鎮静や催眠効果というのは神経症によって引き起こされる不安や緊張、抑うつなどの改善に対して効能があるとされていますね。
なので、蕁麻疹や痒みと言ったアレルギー症状に悩まされている人や不眠症や不安症、不穏症状などに悩まされている人にも効果がありますね。
更に、吐き気や痛み、と言ったような症状を抑制する効果もアルという実例があるんですね。
他にも、花粉症などのアレルギー性鼻炎などに対しても症状改善をするためにアタラックスを用いる、ということもありますのでそういった症状に悩んでいる人にとっても効果の高い薬だという事が言えますね。
しかし、アタラックスは古いお薬でもあり副作用が強く種類も多いというような特徴もありますので、現在ではいきなりこれが処方されるという事はあまりないんですね。
しかし、現在まず処方されるような第二世代の抗ヒスタミン薬を処方してから、それでも改善されない場合は処方されることもあるというような役割の薬になっているんですね。

アタラックスの使いみち

アタラックスは、これ一つで痒みなどの抑制と催眠作用があるので片方だけではなく、両方の効果を得たいという人にとっては特に有用な薬なのです。
つまり、痒みなどで眠る事が出来ないという場合はこのアタラックスを用いることによって、両方の症状を改善する事が出来ますのでこちらを処方するということもあるんですね。
痒みも抑えて、そして眠りにも導いてくれるという一石二鳥の効果を得る事が出来るメリットがあるんです。

更新情報

2016/11/25
アタラックスの効能と効果の情報を更新しました。
2016/11/25
当サイト更新担当者を新規投稿しました。
2016/11/25
アタラックスはどんな効果があるのかの情報を更新しました。
2016/11/25
アタラックスの精神症状に対する有用性の情報を更新しました。
2016/11/25
アタラックスの副作用と注意点の情報を更新しました。
△PAGE TOP