iPhone水没後に復活させた成功例

iPhoneが水没しても復活させることができるってホント?そのためには、水没後の応急処置の仕方にかかっている。 - iPhone水没後に復活させた成功例

iPhone水没後に復活させた成功例

ytdjytd
最近のスマホの中には、防水機能が付いているものも出てきました。
ですが人気の高いiPhoneには防水機能が付いていませんから、水の中に落としてしまうと故障してしまうことになります。
ただ、水没したiPhoneに関しても、自分で復活できる場合もあるのです。

出来るだけのことをすぐに行う

iPhone水没に関しては、その場で出来るだけのことを素早く行うことが大事になります。
少しでも時間が経ってしまうと、それだけ壊れる可能性も高くなっていくのです。
特に水没したことに焦ってしまい、そのままどうすればいいのか分からずに、何もしないということは避けましょう。
水の中に落としてしまった場合には、すぐに引き上げることが大事になります。
ここで素早く水の中から取り出すことが出来ていれば、内部への水の浸入が防げている場合もあるのです。
内部に水が浸入していなければ、故障する可能性も低くなりますから、まずは素早い対応を心がけましょう。

電源はすぐに落として通電を無くす

iPhone水没したときには、内部の回路がショートして壊れることが危険なのです。
ですから通電を無くすために、まずは電源を落としましょう。
電源ボタンの長押しから切ることになりますが、ここで電源を落とせる状況であれば、復旧出来る可能性は高くなります。
逆に電源が入っていない状況で水没した場合には、壊れていないか確認しようと電源を入れないことです。
水に落としたのですから、すぐにでも壊れていないか確認したいかもしれません。
ですがここで電源を入れてしまうことにより、故障する可能性もあるのです。

忘れずにSIMカードを抜き取る

電源を落とし終わったら、入っているSIMカードを抜き取りましょう。
使っているときにはSIMカードの存在を忘れているかもしれませんが、本体に刺さっているので取り出すのです。
SIMカードも壊れると大変なので、忘れずに取り出しましょう。
ただ、iPhoneのSIMカードはガラケーやAndroid端末とは違い、その場ですぐに取り出せるとは限りません。
ピンのようなものが必要になりますから、クリップなど使えるものがないか確認しましょう。
SIMカードにも端子がついているので、水分を拭き取る必要があるのです。

濡れた本体からしっかりと水を拭き取る

後は本体が濡れているでしょうから、しっかりとそれを拭き取ることになります。
拭き取れるのは外側だけになりますが、それでもやっておくようにしましょう。
ヘッドフォンや充電用の端子など、外からでもティッシュなどを細くしてしっかりと拭けるところは忘れずに拭くのです。
濡れてから拭き取るので気休めに感じるかもしれませんが、もしものことがあるので拭き取れる部分は拭き取っておくのです。

乾燥するまでじっくりと待つ

iPhone水没の場合には、普通の人では本体を開けて内部の水を拭き取ることは出来ないので、乾燥するのを待つことになります。
少しでも早く乾燥させたい場合には、お菓子などに入っている乾燥剤と一緒に袋に入れておくと乾燥時間を短く出来ます。
どれだけ内部に水が入っているか分かりませんから、丸一日はじっくりと待ってから電源を入れるようにしましょう。

修理に出すのは最後の手段

急いでも必ず復活するとは限りませんが、iPhone水没してもすぐに諦める必要はないのです。
修理に出すと水没の場合には修理費用がかかります。
ですから出来るだけのことをして、それでもダメなときに最後の手段としてiPhone修理に出せば良いのです。

新着情報

◆2016/06/08
iPhone水没後に復活させた成功例の情報を更新しました。
◆2016/06/08
水没したiPhone復活用の商品を試してみるの情報を更新しました。
◆2016/06/07
企業情報を新規投稿しました。
◆2016/06/07
電源を入れずに乾燥させたら復活したの情報を更新しました。
◆2016/06/07
素早く水から取り出したら大丈夫だったの情報を更新しました。